具体例を加えた志望動機を

Filed in 具体例を加えた志望動機を はコメントを受け付けていません。

医療系へ転職と言うと、看護師などが挙げられます。医師であれば気軽に転職というのは難しいかもしれませんが、看護師などであればしっかりと段階を踏めば転職は困難なものではありません。ある程度社会を経験したあとに、看護師を目指す人は多いのです。

医療業界へ転職する際、志望動機を伝えることになりますが、単純なアピールばかりでは活路を見出せないでしょう。例えば、「医療系の仕事に携わって人助けをしたい」という志望動機の場合、一見良いように思えますが、実は当たり前のことを言っているに過ぎないのです。人助けをしたいという意識はマイナスなことではありませんが、それだけでは不十分と言えます。人助けに関するその人なりのエピソードを加えないと魅力的な動機として受け取ってもらえないでしょう。
例えば、「震災ボランティアで様々な経験をする内に医療系の仕事を目指すようになった」など、相手を納得させるような具体的な話ができるのが好ましいです。何のエピソードもなく漠然と「人助けをしたくなった」と伝えたところで、心には響きません。

医療系の仕事は患者の命を預かる仕事なので、生半可な気持ちでは勤めることができません。例えば注射一つでも、位置を間違えるなどすれば重大な事故に繋がる可能性があるのです。重大な事故が発生すれば全国ニュースとなり、患者が死亡すれば多額の賠償金を払うことになります。このようなリスクがあるのです。生半可な気持ちで医療の仕事を目指しているのではないということをしっかりとアピールする必要があるのです。

TOP